電気代の仕訳(勘定科目: 水道光熱費)

電気代の仕訳(水道光熱費)

Photo Anthony Indraus via Unsplash

電気代の勘定科目と仕訳

電気代の勘定科目は「水道光熱費」になります。

事務所を借りて仕事をしている場合は、電気代を全額経費として計上することができます。

事業用口座から電気代を支払った場合の仕訳例

電気代1万円を支払った場合の仕訳です。事業用口座から支払ったとします。

日付 借方 貸方 摘要
1/1 水道光熱費 10,000円 普通預金 10,000円 電気代

電気代なので、借方の勘定科目は「水道光熱費」になります。

事業用口座からの支払いなので、貸方の勘定科目は「普通預金」になります。

自宅で仕事をしている場合の電気代の按分

自宅で仕事をしている場合、電気代は家事按分をして、一部を経費として計上することができます。

家賃と同じように、仕事で使っているスペースの広さや、時間で按分比率を出します。ときどき、家にあるコンセントの差込口の数と、仕事で使っているコンセントの差込口の数で計算して電気代の按分比率を出している例がありますが、使うコンセントの数はその時々で変わりますし、あまり合理的ではないと思います。一般的には、電気代の按分比率は、家賃の按分比率に合わせておくのがいいでしょう。

個人用口座から電気代を支払い、家事按分する場合の仕訳例

電気代1万円を支払い、30%の3千円を家事按分して経費に計上する場合の仕訳です。個人用口座から支払ったとします。

日付 借方 貸方 摘要
1/1 水道光熱費 3,000円 事業主借 3,000円 電気代(按分比率30%)

電気代なので、借方の勘定科目は「水道光熱費」になります。

個人用口座からの支払いなので、貸方の勘定科目は「事業主借」になります。