FX(先物取引に係る雑所得等)の確定申告

FX(先物取引に係る雑所得等)の確定申告

Photo Erik Lundqvist via Unsplash

「FX」の確定申告について紹介します。

FXは「先物取引に係る雑所得等」に分類されます。

FX(先物取引に係る雑所得等)の確定申告書への入力方法

FXは「先物取引に係る雑所得等」から入力を開始します。

先物取引に係る雑所得等

所得区分

所得区分は「雑所得」になります。

所得区分

取引の内容

「取引の内容」を入力します。

取引の内容

「種類」は、「先物取引に係る雑所得等」と入力します。

「決済年月日」は空欄で大丈夫です。

「数量」は空欄で大丈夫です。

「決済の方法」は「差金決済」と入力します。

収入・必要経費等

「収入・必要経費等」を入力します。

収入・必要経費等

FX取引会社から「損益計算書」を入手します。管理画面からダウンロードできるケースが多いです。「損益計算書」は「年間収益報告書」や「期間損益報告書」など取引会社によって名前が異なります。

「差金等決済に係る利益又は損失の額」に損益の合計額を記入します。損失の場合は「-(マイナス)」をつけます。

「必要経費等」に経費を記入します。FXは雑所得のため、FXのための書籍代やセミナー費用、通信費用、VPS利用料を経費として計上することができます。

複数のFX取引会社に口座がある場合

複数のFX取引会社に口座がある場合は、「もう1件入力する」から他のFX取引会社の分も入力していきます。

複数のFX取引会社に口座がある場合

前年分までに引ききれなかった先物取引の差金等決済に係る所得の損失の額

FXは確定申告をすることで、損失を翌年以降3年間繰り越すことができます。損失を繰り越すためには、取引がなかった年でも毎年確定申告をする必要があるので、忘れずに確定申告をするようにしましょう。

前年分までに引ききれなかった先物取引の差金等決済に係る所得の損失の額

「前年分までに引ききれなかった先物取引の差金等決済に係る所得の損失の額」の各年の欄に繰り越した損失額を入力します。

※当サイトはあくまで一般的な事例をご紹介しているものとなります。内容に誤りがある可能性もございますので、確定申告など個別具体的な納税については必ずお近くの税理士や税務署にご相談ください。