事業用口座から個人用口座に生活費を振り込んだときの振込手数料の仕訳(勘定科目: 事業主貸)

事業用口座から個人用口座に生活費を振り込んだときの振込手数料の仕訳(勘定科目: 事業主貸)

Photo thomas shellberg via Unsplash

事業用口座から個人用口座に生活費を振り込んだときの振込手数料の勘定科目と仕訳

事業用口座から個人用口座に生活費を振り込んだときにかかる振込手数料の勘定科目は「事業主貸」になります。

この場合の振込手数料は、事業のためにかかった費用ではなく、事業主個人のためにかかった費用なので、「事業主貸」として処理します。

事業のためにかかった振込手数料の場合は、「支払手数料」として経費に計上することができます。

事業用口座から引き出した生活費の仕訳例

事業用口座から個人用口座に生活費1万円を振り込み、振込手数料引300円がかかった場合の仕訳です。

日付 借方 貸方 摘要
1/25 事業主貸 10,000円 普通預金 10,000円 事業主生活費 振込
1/25 事業主貸 300円 普通預金 300円 事業主生活費 振込手数料

生活費1万円については、借方の勘定科目は「事業主貸」になります。事業用口座からの振込なので、貸方の勘定科目は「普通預金」になります。

振込手数料300円については、事業主個人のためにかかった費用なので、借方の勘定科目は「事業主貸」になります。事業用口座から支払ったので、貸方の勘定科目は「普通預金」になります。