賃貸物件の敷金の繰越処理

賃貸物件の敷金の繰越処理

Photo Luis Dávila via Unsplash

賃貸物件の敷金の繰越処理

賃貸物件の敷金は、翌年の最初に繰越処理をします。

繰越処理の相手科目は「元入金」になります。

賃貸物件の敷金の繰越処理の仕訳例

前期に敷金10万円支払った場合、仕訳はこのようになっています。事業用口座から支払ったとします。

日付 借方 貸方 摘要
11/25 敷金・保証金 100,000円 普通預金 100,000円 賃貸物件の敷金

敷金なので、借方の勘定科目は「敷金・保証金」になります。

事業用口座からの支払いなので、貸方の勘定科目は「普通預金」になります。

この敷金10万円について、翌年のはじめに繰越処理の仕訳をします。

日付 借方 貸方 摘要
1/1 敷金・保証金 100,000円 元入金 100,000円 (前期繰越)賃貸物件の敷金

敷金・保証金なので、借方の勘定科目は「敷金・保証金」になります。

敷金・保証金の繰越処理なので、貸方の勘定科目は「元入金」になります。

※当サイトはあくまで一般的な事例をご紹介しているものとなります。内容に誤りがある可能性もございますので、確定申告など個別具体的な納税については必ずお近くの税理士や税務署にご相談ください。