未入金の売掛金の繰越処理

売掛金の繰越処理

Photo Henry Be via Unsplash

未入金の売掛金の繰越処理

未入金の売掛金は、翌年の最初に繰越処理をします。

繰越処理の相手科目は「元入金」になります。

未入金の売掛金の繰越処理の仕訳例

たとえば、前期の11月に5千円、12月に5千円の売上があったとします。前年の仕訳はこのようになっているはずです。

日付 借方 貸方 摘要
11/30 売掛金 5,000円 売上 5,000円 Googleアドセンス 11月分売上
12/31 売掛金 5,000円 売上 5,000円 Googleアドセンス 12月分売上

借方の勘定科目は「売掛金」、貸方の勘定科目は「売上」になります。

11月~12月の売掛金が未入金の場合、翌年のはじめに繰越処理の仕訳をします。

日付 借方 貸方 摘要
1/1 売掛金 10,000円 元入金 10,000円 (前期繰越)Googleアドセンス 11月~12月分売上

売掛金なので、借方の勘定科目は「売掛金」になります。

売掛金の繰越処理なので、貸方の勘定科目は「元入金」になります。

コメント

  1. ヒロちゃん より:

    x売掛金の繰越処理なので、貸方の勘定科目は「売掛金」になります。
    〇売掛金の繰越処理なので、貸方の勘定科目は「未入院」になります。 
    ・・・ではありませんか?

  2. ヒロちゃん より:

    x「未入院」
    〇「未入金」
    すみません。

  3. ヒロちゃん より:

    元入金

  4. y-kakutei より:

    ご指摘ありがとうございます!記事を修正しました。